ホーム» » 登山靴選びで迷う初心者さん必見!|ハイカットとミドルカットの違いは?

⇒楽天旅行便利グッズ

⇒楽天カードで最大10000ポイントプレゼント

登山靴選びで迷う初心者さん必見!|ハイカットとミドルカットの違いは?

TrekSta(トレクスタ)エボリューション

登山用品三種の神器

登山を本格的にはじめるのに、
欠かせない3つの持ち物があります。
それが、「ザック!雨具!靴!」です。

三種の神器の中でも、靴は本当に大切です。
登山中に、靴擦れなんか、起こそうものなら、
痛いし、気になって登山を楽しむどころでは
ありません。(><)

カットの違いを覚えましょう!(o^-^)

足首の覆いが、
・無い・ちょこっと(ロー)、
・低い(ミドル)
・高い(ハイ)
で分けられています。
本格的な登山靴は、ハイカットが多いようです。

ハイカットの本格的な登山靴は必要か?

本格的な登山靴、予算に余裕があるのでしたら、
気分を盛り上げるためにも・・・(^_^;)
購入するのはありだと思います。

しかし、登山用品は、一から揃えるとなると、
結構な金額になりますから、、
出来るだけ、無駄なお金は掛けたくないもの。

それに、本格的な登山靴だと、
結構お値段するんですよねぇ~(><)
3、4万~とかね。ちょっと躊躇しますよね。

三種の神器の残り二品・・・ザック・雨具も、
良い物は、結構お値段がしますから、
ここは慎重に選びたいところ。

私の個人的な意見になりますが、
以下の条件に当てはまらないかたは、
本格的な登山靴は、無くても良いと思います。

1.雪山、冬山登山を考えている。年齢を諦めない!
2.30-40kgの荷物をしょって、山で何日も過ごす引きこもり登山。
3.「俺は登山王になる!」と、どこかの漫画の主人公
のように、登山道無視の、登山予定のある人。

3は軽く流してもらって、(^_^;)
1、2のように、過酷な登山、縦走登山とかではなく、
日帰り・一泊程度の、登山シーズンの登山であるなら、
そこまで本格的な登山靴は、必要ないと思います。

登山靴のメリットデメリット

登山靴で登山など行かなくとも、
トレイルランニングシューズや、
ウォーキングシューズで、
十分だと言う意見もあります。

その方たちの意見は意見として、
普通のシューズ、登山靴、サンダル(^_^;)で、
屋久島の宮之浦岳に、登山した経験をもとに、
登山靴のメリットデメリットを、紹介したいと思います。

~メリット~

1.砂利など靴の中に入らない。これ結構大事。

2.ソール(靴底)が硬いと、万一尖った枝を踏んでも、
最小限の怪我で済む。サンダル時突き刺さり経験済み。(><)

3.ソール(靴底)が硬いと、岩場など石ころが多い場所でも、
足が痛くなりにくい。

4.三、四日間、山の中を歩いても足は痛くなかった。
ふくらはぎとかは、バリバリの筋肉痛でしたが・・・(><)

4.外敵(蛇とか)から、足を守ってくれる。
マジで突っ込んで来ますからね、へびさん。(^_^;)

5.靴の重量はあるが、しっかりと履くことにより、
荷物が多少重くても、安定して歩くことが出来る。
靴の中で、足がすべらない。

6.ゴアテックスだと、朝露、水たまりなどに強い。
あと寒さもかなり防いでくれるようです。

とまぁざっと挙げただけでも、結構あるものです。

~デメリット~

1.重い。

2.履きづらい。

3.ゴアテックス、濡れると乾きにくく、
汚れると通気性が悪くなる。

こんな感じで、マイナス点は、そんなにありません。、
これらを出来る限り解消する、解決策までとはいきませんが、
オススメの靴のところで、合わせて紹介したいと思います。
もう少しお付き合い下さい。

登山靴選びのポイント

私個人の靴選びのポイントを、
紹介したいと思います。

1.足は午後にむくむので、午前中を避けてお店に行く。
2.登山で使う靴下を履いて選びます。
3.かかと部分に1cm程度の余裕がある靴を選びます。
4.正しい履き方(店員さん、Youtubeなどで)で履いてみる。
5.親指、小指部分が圧迫されない。(余裕がありすぎるのもだめ)
6.岩場や石ころが多い場所なら、ソール(靴底)は固め。
7.ソールのパターンが一方方向ではない。
8.何足も履いてみて、自分に合う靴を選ぶ。これ大切です。

ざっとこんな感じです。足に合うか否かが全て、
自分にあうフィット感、そしてお値段を重視して、
私は選んでおります。(^_^;)

半端者とは言わせない、トレッキングシューズ

正直、このトレッキングシューズ、
いろいろな意味で、中途半端な物もあるため、
良くは紹介されていないことも多々あります。

しかし!あえてこのトレッキングシューズを、
ここでは、オススメとして紹介したいと思います。

TrekSta(トレクスタ)エボリューション
韓国のブランドです。
まぁ日韓関係は、いろいろと問題が
ありますが・・・

アウトドアに国境は無い。
(聞いたことのあるような言葉ですが・・・)

このエボリューションをオススメする
ポイントがいくつかあります。

1.ハイカットとミドルカットの中間のカット。
適度な高さなので、履きやすい。

2.意外と軽い。

2.ゴアテックスファブリックのライナー。

3.1万円を切る。

ソールも固く厚いのですが、思ったより軽く、
ソールのパターンも、一方方向ではありません。
輸入会社エバニューでは、トレッキングシューズと、
分類されていますが・・・

登山靴の最低機能を押さえた、
小屋泊まり~縦走、中級クラスの登山までは、
十分対応出来るトレッキングシューズでした。(^-^)/

30-40kgの荷物をしょって、山で何日も過ごす、
引きこもり登山・・・
でも、かなり大活躍でした。(^-^)/

足囲(ワイズ)は、ゆったり3Eですので、
厚手の靴下でも安心です♪

*ワイズ:親指根元と小指根元の、
最もふくらんでいる部分の周囲のことです。
Eからはじまり、2E、3E、4Eと大きくなります。

~おまけ♪登山靴のデメリットの解決法~

デメリットのおさらい。

1.重い
2.履きづらい
3.ゴアテックス、濡れると乾きにくく、
汚れると通気性が悪くなる。

TrekSta(トレクスタ)エボリューションだと、
履きにくさ、重さは、ランニングシューズなどとは、
比べられませんが、かなり良い感じではあります。

荷物は重くなりますが、
登山後の、宿泊地での活動を考え、
メッシュの靴を一足予備で、持っていくこともあります。
(サンダルの時もあります)

ゴアテックス、濡れると乾きにくく、
汚れると通気性が悪くなる。
これは正直、どうにもならない。(^_^;)

ゴアテックスについては、
とにかく濡らさない事を心がける。

私の場合は、雨の日には、スパッツ&
シューズカバーを履いて使用しています。

TrekSta(トレクスタ)エボリューション

どうしても濡れてしまった場合は・・・
靴下の上に、スーパーの袋などを被せて、
靴を履き、応急処置ですが、
靴下と足が濡れるのを防ぎます。

改めて言いますが、
登山用品三種の神器の中でも、
靴は本当に大切です。
しっかりと時間をかけて、
選びましょう!

TrekSta(トレクスタ)エボリューション